スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名監督が次のチームで大失敗した理由

1 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 14:10:44 ID:jw/DlIlU
森・古葉・上田・野村・・・
なぜ、かつての名将たちが新チームでは苦戦したのか
その原因を語りましょう

3 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 14:20:37 ID:WXVQBr0D
上田利治監督は家庭での不祥事が無かったら1回ぐらい優勝してたかも。

8 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 14:50:41 ID:D/b7UlKj
古くは三原、水原も最後の球団ではあまりパッとしませんでしたな

10 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 17:01:07 ID:mrE8BVet
森や上田の場合は前任者(森なら根本・広岡、上田なら西本)が整備させたチームを常勝チ
ームに仕立て上げるための最後の一片として招かれた
古葉や野村の場合はチームの軸となりうる素質を持った選手(古葉の場合は山本浩二・衣笠、
野村の場合は広沢・池山+古田)を全面に押し立てながらチームを整備し、優勝させるという
役割を担った

そういった中で結果を出してきた監督なのに、その後に招聘したチームは優勝回数とかそう
いった結果だけで判断してろくに整備されていない状態だったりそれまでその監督の戦術と
真反対の方向性だったりするのチームを任せたりしているから、結果は明らかであろう
西本さんが監督就任した時の阪急や近鉄みたいに途中のシーズンの結果はどうあれ最低5年は
任せるという姿勢なら腰を据えて一からチーム作りも出来るのだろうけど
いくら名将といえどチームにとってはプラスαの効果でしかない訳でチームに恵まれないと
結果を出すのは難しいと言える

11 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 17:11:52 ID:TNU4i0uZ
監督はあくまでも現場監督。現場の采配、選手起用、
チームの士気に関わることに対する立場。
チーム作り、メンバー編成、長期的ビジョンなどによるものは
フロントの仕事。それを監督に任せたことが失敗。
GMとはそういうことを行うためにある。そういったビジョンに合った
人を監督として起用する仕事がGMの仕事。
そういったことを踏まえずに、ただ他球団の結果のみに重点を置くと
失敗する。

12 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 17:17:08 ID:mrE8BVet
千葉茂さんは近鉄の監督を辞任した時(「地上最低の監督」とまで叩かれた上での辞任)
三原さんからこう言われたそうだ

「おい千葉よ チームを強くするのは監督じゃないんだよ 親会社の考え一つなんだよ」

13 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 18:01:55 ID:TNU4i0uZ
あと1の挙げた4人に共通することは一部の主力選手を敵に廻している。

14 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 18:54:15 ID:+48d4IDc
>>13
野村なら分るが森・古葉・上田に造反した選手って誰??


18 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 19:35:01 ID:TNU4i0uZ
>>14
森―谷繁、波留
古葉―遠藤は古葉が辞めたあとに
「監督変わってなければ引退するつもりだった」と発言あり。
上田―田村、武田、西崎他


17 : 15: 2005/05/21(土) 19:12:38 ID:rRI9VH+2
そもそも古葉は大洋時代、選手たちから反感買いまくりだったと思う。
ファミリー引き連れて組閣し子飼いの堀場をえこ贔屓。
それに自分の佐川グループだかのパーティーに選手を連れて行ったりして
公私混同がはげしかったはず。

42 : 神様仏様名無し様: 2005/05/23(月) 02:29:44 ID:dE3itxkR
進学校から低レベルの学校に移った教師が二言目には「前の学校では云々」
ばかり言って顰蹙買うってのはままあるケースだが
大洋での古葉はまさにそれが当てはまるな。

43 : 神様仏様名無し様: 2005/05/23(月) 12:37:01 ID:cAACtxqp
土井の「巨人では~」、田淵の「西武では~」も有名だね

20 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 20:54:12 ID:D/b7UlKj
上田は阪急時代でも西本派とはうまくいってなかった。
エース山田との確執は有名な話。


26 : 神様仏様名無し様: 2005/05/22(日) 00:13:44 ID:auNDGKnw
>>20
山田とウエさんの仲が悪化したのは87年で開幕連続記録をストップさせた時だったと思う。
それまでは比較的良好な関係だったと聞いてるけど。


32 : 神様仏様名無し様: 2005/05/22(日) 12:07:49 ID:IKN2rwr8
>>26
それ以前から悪かったよ。84年には優勝争いのさ中に不和が表面化し、
シーズン中に緊急会談してわざわざマスコミに「和解」の写真を撮らせたりもしてる。
で最終的に亀裂が決定的になったのは87年。


35 : 神様仏様名無し様: 2005/05/22(日) 14:58:43 ID:IKN2rwr8
ヤクルトには今でも野村野球の遺産が残ってるんだけどな。
つい先日も勝ち試合の後なのに「なんであれだけミスが出て勝てたのか...」
と若松は反省し、渡辺コーチは「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
という野村の十八番の台詞を口にしてた。
伊東コーチなんかも野村時代のノートを今でも読み返したりしてるしな。
阪神では赤星とか矢野とか個々の選手で野村の教えを遺産にしてる人はいるんだろうけど、
チームとしては、岡田がアンチ野村だし、あんまりどうなのかな。

24 : 神様仏様名無し様: 2005/05/21(土) 23:02:33 ID:V2dfxyxn
4人は自我が強すぎた。やるのは選手なのに把握することせず自分の野球に固辞した結果だ。
当時の大洋や阪神や日公がその前とチームカラーが違うのに最初から勝てるわけなかったのだ。


29 : 神様仏様名無し様: 2005/05/22(日) 09:14:46 ID:d/vfWpJz
>>24
小学生レベルの分析をありがとう!


34 : 神様仏様名無し様: 2005/05/22(日) 14:40:03 ID:gfUjZmBa
>>29
そうか?小学生レベルか?>>24の説明はハズれてはいないと思うが。

具体的には森は広岡西武、上田は西本阪急、古葉はルーツ広島の遺産を
継承して成功したのに、新チームでは無理な改革を行おうとして失敗。
特に森は前々年日本一メンバーが大量に残っていながら造反選手を作り、
悪いことには、森に見出された無名選手、若手選手がなく、Bクラスチーム
に逆戻りさせたという事実は完全な監督人選ミス。
古葉、上田は長年優勝から離れ、たまにAクラスになる程度のチームを継承し、
改革を求められた局面だったため、悪い方向にも出る可能性のある
リスクを考えると難しい立場だったかもしれない。それに上田に関しては
優勝争い中に家族の統一協会問題の報道があったため不運な面があったが。
ただ古葉は期待が大きかったため、ひどかったかな。
野村に関してはID野球云々言われて、確かに古田らいい選手を育てたと
いう実績はあったが、実際のところは92、93年はハウエル、
95年はオマリー、97年はホージーというMVP獲得やMVP級の活躍をした
助っ人選手に支えられたわけで、それをわかっていなかった。
ID野球をそのまま持ち込めばいいという姿勢が選手不信を招いた。

あと共通していえることは、4人とも10年近く同じチームで監督し
(森は9年、上田は2年のブランクあるがすぐ復帰)、新チームへ
移れば前チームの実績を引きずるのは仕方ないかもしれない。
例えば今でいえば(名監督かどうかは別として)王が違うチームへ
移ったら新たに常勝チームを作れるかどうか疑問。過去でいえば
鶴岡や川上あたりにも言える。


36 : 神様仏様名無し様: 2005/05/22(日) 15:59:57 ID:dxdFbMMk
あと補足すれば森、古葉、上田は監督になる前に同チームで
コーチをしていた。(森は一時期やめていたが)
そのためチームを掌握して監督になり強豪チームを作ったという
ものがあった。
チームを掌握せずいきなり他チームの監督になるには無理が
あったのかもしれないが。

39 : 神様仏様名無し様: 2005/05/23(月) 01:45:24 ID:ZdCmLKfS
ヤクルト監督時の三原は
3年指揮をとり、結局
Bクラスどまりだったものの、別所監督時の
どうしようもないチーム状態から
五割を伺う位置にまで引き上げた。

78年の優勝時には
三原監督時代に鍛えられた連中が
原動力となった。
若松、杉浦、大矢、船田、松岡、安田、、


44 : 神様仏様名無し様: 2005/05/23(月) 12:52:07 ID:zvErNSvV
>>39
船田は元々地力のあるベテランだし、
杉浦享が台頭して来たのは三原退団後3、4年経ってからだ、
勿論若松などは三原-中西が鍛えたのだが、
何でも三原の功績にするのはこじつけ。


51 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 06:38:02 ID:LoRzHTes
前球団 後球団
① 成功⇒成功
② 成功⇒失敗
③ 失敗⇒成功
④ 失敗⇒失敗

このスレのテーマとなっている1の挙げた4人は②にあてはまるが、
複数球団監督しているケースで②以外って他に誰がいる?

①の場合は
仰木(近鉄⇒オリックス・ブルーウェーブ)
広岡(ヤクルト⇒西武)
星野(中日⇒阪神、ただ>>50などの意見のように多数異論あり。
中日11年、阪神2年の通算13年でリーグ優勝3回、日本一ゼロ。
これで名監督と言えるのか、などの意見があるが、失敗とは思えないが。
ただこの人に関しては今までさんざん議論されてきたので
ここではこれ以上控える)
王(巨人⇒ダイエー・ソフトバンク、この人も采配は疑問視され、
どちらも優秀な戦力に支えられたからこそであり名監督ではない、
との意見多数あり。ただ失敗とは言えないのでとりあえず)など。

④は
近藤昭仁(横浜⇒ロッテ)、関根(大洋⇒ヤクルト)あたり?

③は思い浮かばないが。
強いてあげれば同一球団だが、阪神の吉田?


52 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 07:51:56 ID:YXPVzWi5
>>51
野村克也は②と③の間だと思われる。
(南海失敗→ヤクルト成功→阪神失敗)


64 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 23:54:40 ID:XSzxM4Wr
>>51
ノムさんに関しては南海時代は失敗なんだろうか?
往年の名選手が(自分と広瀬以外)ほとんどいなくなったあとで
江本とか他球団の選手を拾ってきたりして、曲がりなりにも優勝を
達成したあたりは決して「遺産」を使って達成したものじゃなかった
だけに、評価してもよいように思うんだが。


公私混同云々があったのは事実としても、野村が辞めたあと
南海がAクラスになれなかったのも事実。


69 : 神様仏様名無し様: 2005/05/25(水) 10:54:07 ID:iyqGOVKf
>>51
阪神の吉田は失敗なのか成功なのか微妙なところ。
日本一だから成功とも言えるが、そのたった2年後に最下位になってる。
しかも3度目も監督して、これまた最下位。
あと同一チームで2度やって2度とも成功というのは巨人の藤田がいるね。


53 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 08:28:25 ID:svMqlpHu
王は巨人では失敗と思われる。
一応5年間Aクラスだったが当時のセは大洋とヤクルトが万年5位6位だから
Aクラスに入れるのは当然だったし。

55 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 11:39:48 ID:TMYzzt4c
星野が2年後に優勝したことで野村阪神の3年間が見直されているね。
事実今でも野村を慕っている選手もいたりするわけだから、あながち野村阪神は大失敗というわけではないと思うな。

あと上田ハムのビッグバン打線とかも大沢親分はじめ前任監督や
優良外国人に恵まれたりしてたことが多いような感じもする。

森横浜は完全なるフロントの人選ミス。
権藤晩年で不協和音の見えたところに石井琢と谷繁の派閥争い。
さらにはトレードなどのゴタゴタでチームは完全に崩壊。

古葉大洋は見てなかったのでよくわからないです。


58 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 14:37:03 ID:qwpi4m5s
>>55
石井は権藤末期に「もっと考える野球をやりたい」
「サイン出してくれ」とか権藤野球に反発してたな

その流れもあって森招聘となったんだろうけど大失敗だったな
波留はまだしも谷繁に逃げられては…


56 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 13:08:24 ID:PY1zMXVd
上田はチームの個性に合った戦い方をできるのは偉いと思うよ。
96年はグロスがいて打線はイマイチだったので投手力主体の戦い方を挑み、
98年はグロスが故障してウィルソンらが入ると打ち勝つ野球を目指した。
その時々のチーム状況に柔軟に対応して戦い方を変える頭の柔らかさは
上田ならではだと思う。

森や野村は前のチームの戦い方をそのまま次のチームに移殖しようとした
ので、上田のようにAクラス入りも遠かったんじゃないかな。。。「任された
チームの個性を把握する」というのも監督の資質なんじゃないだろうか。


60 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 15:50:20 ID:TMYzzt4c
>>56
そうだね。
森が小技を駆使して手堅く1点を取る戦法は
西武で黄金時代を築き上げる原動力になったわけだから認められるべきだし否定をするつもりはないけど、
その戦法が果たして権藤の放任主義によって作られたといってもいいチームカラーに合っていたかとなると疑問だね。
アベレージタイプの金城が細かい打撃を要求されて不振に陥ったのも事実だし、何よりローズ、波留、駒田、進藤がいなくなって
戦力がダウンしたチームを任されて気の毒だったと言うべきなのかもね。
特に進藤なんて森が一番心酔しそうな選手だと思うんだけどな。


62 : 神様仏様名無し様: 2005/05/24(火) 16:23:22 ID:UkRle/oJ
>>55
最下位のチームを引き受けたものの、2年間で優勝争いのチームまで登りつめたのが凄い。
同じ2位でも大沢時代の93年の2位と96年の2位とでは内容が違う。

>>56
96年はシーズン序盤に打線が当たりすぎたため、イマイチに見えるだけ。
しかしブリトーの加入で打線は引き締まっていった。
古葉も森も前チームを野球をそのまま持ち込んだ悪い見本。横浜はカラーが全然違う。

73 : 神様仏様名無し様: 2005/05/25(水) 12:00:55 ID:zqcOjij/
チームが弱いのは監督よりもフロントの責任が大きいってこった

74 : 神様仏様名無し様: 2005/05/25(水) 13:10:47 ID:dtG+uJvO
確かに、最下位チームを優勝チームにするのはフロントの仕事だけど、
最下位チームをAクラス争いさせたり、3位4位のチームを優勝争い
させたり、優勝チームを毎年優勝できるチームにする所に監督の手腕が
絡んでくるんじゃないかなあ

76 : 神様仏様名無し様: 2005/05/25(水) 18:11:16 ID:23YzPYGr
監督一人だけでチームを変えようとするから無理がでてくる。
阪神時代の野村なんかその典型。
ホークスでの王の実績にしても前任者でありGMでもあった
根本のなかば強引な選手獲得の成果の上で成立している。
星野は監督というよりもGMだろう(実際、采配の多くは島野がしていたらしい)
FA選手を獲得し、外国人選手にはより頑張るようボーナス項目をつけた契約をするよう
指揮する術は星野の得意技。人付き合いや交渉事が苦手な野村ではこうはいかない。

77 : 神様仏様名無し様: 2005/05/25(水) 18:40:34 ID:mvjgvjGG
フロント・ベンチ・選手の三位一体でやっていくのが重要という事だな。
考えてみりゃ当たり前の話だが。


78 : 神様仏様名無し様: 2005/05/25(水) 19:01:36 ID:23YzPYGr
>>77
その当たり前のことが難しい。
巨人はベンチが駄目だし、ちょっと前の阪神はフロントが駄目。
3つ揃うと王ホークスや野村ヤクルト、森西武、古葉広島などの黄金期ができる。


102 : 神様仏様名無し様: 2005/05/28(土) 23:56:34 ID:mjM/bwaj
巨人を出てから阪神に行くまで優勝なしの藤本定義の場合は、
単に戦力のないチーム(大映・阪急他)を引き受けたからか?
(1946~59年の14シーズンで、最高成績は3位が4回。


104 : 神様仏様名無し様: 2005/05/29(日) 07:56:16 ID:YGSpWbcE
>>102
藤本さんの話だと昭和24年のシーズンオフに主力野手(赤嶺一家)がごっそり松竹に
移った事が相当な痛手だった様ですね


105 : 神様仏様名無し様: 2005/05/29(日) 10:41:35 ID:0k5YBBx+
そのチームにあうあわないだろう。
野村さんはヤクルトではよかったが阪神ではダメとはいわないが成績が振るわなかったんだろう。
けど檜山もうつし赤星、井川など選手を育てるというめんではすばらしい

106 : 神様仏様名無し様: 2005/05/29(日) 11:59:17 ID:hr38I45U
阪神はヤクルトの10倍以上も報道陣がいるチームだから大変だよ
注目度が高い中日から来た星野監督でさえあまりの人数に驚いたといっていたからね
当然注目度が高いからプレッシャーも大きい

107 : 神様仏様名無し様: 2005/05/29(日) 12:24:48 ID:xYNCqSy2
あと、ファンのイカれ方も一味違う罠。

108 : 神様仏様名無し様: 2005/05/29(日) 12:28:29 ID:/H8Mo1HX
阪神ファンがイカれているというより
在阪マスコミがイカれていると思う。
まさにマスゴミ、マッチポンプの典型。

111 : 神様仏様名無し様: 2005/05/29(日) 20:25:12 ID:agp2fWu+
阪神担当記者の回想
「例えば巨人だと長嶋と王はあんまり仲はよくなくて、
 二人が談笑してる写真を取ったら金一封だと言われてました。
 でも、ONの仲が悪いとか書くとファンの夢を壊すからと記事にはしないわけです。
 ところが、阪神担当は記者も吉田派、村山派とかに分かれて、
 誌面で煽りあいをやるから始末が悪いんですわ」

113 : 神様仏様名無し様: 2005/06/11(土) 17:17:06 ID:uDJKfv5Y
名監督と呼ばれるには「チームが弱体化する直前に辞任」するのも
秘訣だと思う
長嶋引退と一緒に辞めた川上
工藤・石毛流出直前に辞めた森
田口・アリアス退団直前に辞めた仰木

123 : 神様仏様名無し様: 2005/06/26(日) 17:29:46 ID:e+A4Uduq
今朝のノムさん履歴書に「俺が駄目虎を変えてやろう、というくらいの気持ち
だった」とあったが、前のチームで実績ある監督はどうしても「俺が変えて
やるよ」という姿勢になってしまうのかな、と思った
森のベイ就任会見もそんな感じだったしな


126 : 神様仏様名無し様: 2005/06/26(日) 22:31:45 ID:QHSjAlTk
>>123
森の場合、ローズを首にしたのが大きかったと思う。
年俸の問題もあったのだろうがあれで主軸打者がいなくなってしまった。
もとより森は野村と同様に勝負型の監督なので主軸打者、特に長距離砲を育成するのが苦手なのに、
長距離砲を育成しないといけない状況を自らつくってしまい、泥沼にはまってしまった。
野村も唯一主軸打者になる可能性のあった今岡を自ら干してしまった為、
一から浜中を育てないといけない状況を作ってしまい失敗した。
2人ともよく似ている。


129 : 神様仏様名無し様: 2005/06/26(日) 22:41:33 ID:rneqOwYd
ただ森は就任条件としてローズ残留を希望してた、ってのはある。
まあ絶対条件じゃなかったのが残念だが。

136 : 神様仏様名無し様: 2005/06/26(日) 23:05:30 ID:PLCiW62i
引退引退言い出すのって要はもっと金をよこせってゴネてるわけで、
二年連続でゴネたあたりから、ローズはペタジーニとかタフィローズ
同様の「年俸が高すぎてもはや切るしかない」存在になっていたと思う。

森はどっちかというと与えられた戦力で文句も言わず戦うタイプで
(西武時代は文句のつけようもない戦力もらってたけど)ローズは残せないと
フロントに言われたら「仕方ないですな」で済ませただろう。


137 : 神様仏様名無し様: 2005/06/26(日) 23:14:58 ID:QHSjAlTk
>>136
まあそうなんだけど森自身、自分の器量を誤解していたと思う。
ローズクラスの打者ってそうそう見つからないし、育てることも困難。
加えて斎藤を抑えに転向させたけど逆に先発がいなくなってしまった。
西武時代はそういった足りない人材を次から次へと供給してもらっていたが
横浜ではその補給が無かった。(まあこれが普通のことなんだけどね)

このあたりも阪神時代の野村によく似ている。


169 : 神様仏様名無し様: 2005/09/24(土) 13:59:02 ID:KfR1VQxa
名監督とか持て囃されている人には、スタッフと言うか、取り巻きと言うか、
一緒にコーチとして入団させないとまずい人たちがいる。

こういった人たちがコーチポストを占めることで、OBの反発を買い、
それが、そもそもどのチームにもある派閥にまで飛び火して、
チームを分解する方向へと向かわせた。

星野が阪神で成功したのは、阪神OBである田淵が緩衝材となったからでは?
野村もヤクルト就任時には、阪神の時のように無茶はしなかった思う。


170 : 神様仏様名無し様: 2005/09/24(土) 14:14:15 ID:hwcGHggq
>>169
確かに木場・森は子飼いの連中連れて行って失敗したね
選手の反発もあるんだろうね


191 : 神様仏様名無し様: 2005/09/27(火) 22:03:36 ID:LrrkfKMf0
>>170
でも古葉は田中尊コーチは連れて行かなかったね。個人的に広島監督時代の実績は
この人の働きも大きかったと思うけど。


193 : 神様仏様名無し様: 2005/09/29(木) 00:40:37 ID:35IdQ2Tj
>>191
田中総合コーチ(ヘッドコーチ格)は大洋には行かなかったね。
寺岡コーチはいったけど。
まあ当時の大洋だったら田中コーチが行ってもどうしようもならなかったと思われ。
首脳陣の血の入れ替えだけではチームは改善不可能だろう。
もしあそこで高木豊、屋鋪、遠藤あたりをトレード要員にしていたら
チーム体質も変わったかもしれない。


174 : 神様仏様名無し様: 2005/09/25(日) 00:58:52 ID:2LImT2/Q
野村って阪神監督就任時
ヘッドコーチ、投手コーチ、打撃コーチの主要3ポストに腹心を入閣させたんだよな。

それで「お前らの今までの野球はなってない」と言う趣旨の発言を、
マスコミも交えてしたわけだろう?

これではチームをひとつに纏め上げるのは、難しいんじゃないかね。

176 : 神様仏様名無し様: 2005/09/25(日) 05:22:36 ID:Bqu5nCpc
投手コーチの八木沢は腹心ちゃうでしょ
むしろ腹心はバッテリーコーチの黒田

194 : 神様仏様名無し様: 2005/09/29(木) 03:37:51 ID:pwOt0ke4
上田の公時代は過小評価されすぎな気がする
上田の後の大島・ヒルマンの惨状を見れば、あのチームを2度も優勝争いに導いたのがいかに凄い事かわかる
金村、小笠原をはじめ、関根、岩本、島崎、建山、野口、金子、井出ら実績のない若手を見出し、育てて戦力にした
(一時的には今関、西浦、上田、石本あたりも活躍)
上田監督の欠点は、序盤走り出すと逆に余裕なくしてムチを入れっぱなしにしてしまうこと(選手を休ませたり、捨てゲームを作らない)
そこらへんは落合も指摘してた。
前半独走→後半失速V逸のパターンを阪急時代から繰り返してる。


199 : 神様仏様名無し様: 2005/09/29(木) 16:10:25 ID:EQ4PoLWU
>>194
しかも就任した1995年の前年はダントツで最下位で、下馬評でも評論家はみんな最下位。
選手はケガ人だらけでまともにオーダーも組めない。
それでも、それまで1軍で実績皆無に等しい岩本、島崎、渡辺らをうまく使って
チームを4位にしたんだからたいしたもんだ。


201 : 神様仏様名無し様: 2005/09/29(木) 21:57:04 ID:35IdQ2Tj
>>194
>上田監督の欠点は、序盤走り出すと逆に余裕なくしてムチを入れっぱなしにしてしまうこと(選手を休ませたり、捨てゲームを作らない)
>そこらへんは落合も指摘してた。
>前半独走→後半失速V逸のパターンを阪急時代から繰り返してる。
89年(オリックス)もその典型だったな。
前半戦に打線が爆発して独走したし、ライバル西武は借金で苦しんでいるのに
何かに怯えているような采配だった。


207 : 神様仏様名無し様: 2005/10/02(日) 16:17:16 ID:urYQjihh
上田は闘将とよばれた最初?の監督

ベンチでは常に先頭に立ちぶつけろぶつけろと投手に指示
そりゃ買ってるときはいいが負けこむと雰囲気は悪くなるよな

235 : 神様仏様名無し様: 2005/10/11(火) 15:12:23 ID:UbRgf8Kr
広岡さんは失敗しなかった。
理論だけに頼っては駄目というのが彼の持論。
若手選手を鍛えて育てる事を大事にしていた。
それは星野さんにも同じ事が言えるだろう。

238 : 神様仏様名無し様: 2005/10/11(火) 15:53:42 ID:2wGlzWSN
広岡さんは監督としてスゲーだろ。36才位の時、既にサンケイアトムズから監督就任の
依頼を受けている。その他近鉄、阪神、巨人からもオファーが来ている。
サンケイ・近鉄・阪神は断ったが巨人の時はGMの権限も手に入れようとして土壇場で
駄目になったが。能力を認める球界関係者は多いんだろうね。凄いよ。

240 : 神様仏様名無し様: 2005/10/11(火) 22:43:31 ID:rLtRs3Fb
広岡も凄いが、根本も凄い。広島・西武・ダイエーが強豪球団になったのは間違いなく根本の功績。
しかし、結果的には喧嘩別れしたが10年近く前にバレンタインに目をつけ、実際に監督として招聘した広岡もただ者ではないな。
スレの意向とは異なるが、個人的には
広岡=根本>>>野村≧森>上田>>古葉
かな



名監督が次のチームで大失敗した理由
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/meikyu/1116652244/l50
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2005のスレか
まさかこの頃はノムさんがまた監督になるとは思いもせんかったなぁ
プロフィール

hasyagu

Author:hasyagu


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。