ドン・ブレイザーについて語る

1 :神様仏様名無し様:2009/07/19(日) 22:06:44 ID:TG1Evwgp
79年阪神の監督に就任するや田淵、古沢と真弓、若菜、竹之内の世紀の
大トレード、更には江川の見返りに巨人から小林繁を獲得し戦力の大補強に
見事成功してその年は阪神ファンのみならずマスコミからも絶賛されるも、
そのオフのドラフトでは球団が大物ルーキー岡田を引き当て翌年は彼を取り巻く
状況が一変する。岡田を全く起用しようとせず全く打てないヒルトンに固執して
彼を起用し続け終いには虎キチや在阪マスコミの凄まじい集中砲火を浴び80年の
シーズン途中に失意の侭解任される…。
阪神監督時代の、1年目と2年目の評判の落差が余りに激しい印象の残るドン・ブレイザーに
ついて語ってみましょう。

5 :神様仏様名無し様:2009/07/19(日) 23:09:02 ID:TG1Evwgp
たらればの話にはなるが…もし岡田が他球団に引き当てられていれば彼の
外れ1位も即戦力の内野手だった可能性なんて限りなく低かっただろうからな。
先ず間違いなく投手が指名されていただろうな。そうなりゃブレイザーも
80年のシーズンは心置きなくヒルトンを使っただろうし打てなかったとこで
岡田の場合の様には虎キチが暴れ出すこともなかったろうな。
ブレイザーにとっちゃ岡田が自分のチームに来たのはハードラック以外の何者でもなかった筈。

6 :神様仏様名無し様:2009/07/20(月) 09:22:51 ID:Y7snXPCv
ブレイザー自身はノムのシンキング野球などでそこそこ知られた存在だったと思うが
経歴を見ると当時の阪神になんの縁もゆかりもなかったと思うのだが。
強いて言えば同じ関西の南海で長く在籍してたことぐらい。
前年最下位になったんで目先をそらすため、マスコミ受けを狙ってって感じの外国人監督起用に思う。
何だかこの球団は伝統的にそういう捨て石的な監督起用ばっかりのような感じがするわね。
岡田うんぬんは元々最下位のほとぼりがさめれば去ってもらうぐらいの問題だったんじゃ。


8 :神様仏様名無し様:2009/07/20(月) 13:13:05 ID:R9ReyIhX
>>6
阪神監督就任1年目は戦力補強の点じゃ予想以上の素晴らしい功績だったからね。
岡田をドラフトで逃してたならブレイザーも多分3年は阪神の監督やれてた様に思うね。
なまじ岡田が入団して来た故に彼の思い描いてた戦力構想が思いっきり外野に
狂わされたんだからな…。


15 :神様仏様名無し様:2009/07/20(月) 21:58:13 ID:R9ReyIhX
結局ブレイザーにとっては、阪神てゆう関西一の人気球団の監督を引き受けた事による
天国と地獄を実に両極端な形で味会ったって事だろうな。
南海だったなら世紀の大トレードによる戦力大増強も岡田の様な騒動も、マスコミはほぼ黙殺しただろうからね。
何より、虎キチの怖さをブレイザーが全く理解なんかしてなかったであろう事は、彼が来日以来
ずっと一貫してパリーグでやって来たが故の悲劇だろうな。


19 :神様仏様名無し様:2009/07/20(月) 23:00:50 ID:dFBzQPg+
>>15
阪神監督の前年にカープで古葉ちゃんをヘッドでスケちょるじゃろが


21 :神様仏様名無し様:2009/07/20(月) 23:28:26 ID:R9ReyIhX
>>19
おっとそれを忘れてた…まあ同じセリーグでも広島と阪神じゃ
観客動員数にしろマスコミの扱いも大きな差があったからな。
何より甲子園での阪神巨人戦なんてのはブレイザーが広島市民球場の巨人戦でも
味会えなかった経験したことのない凄まじい熱気だっただろうからね。


41 :南海命だった:2009/07/22(水) 23:20:27 ID:Fw393ffA
皆さんは知らんやろうけど、八方っちゅう落語家がおるわねえ??
あいつが、ブレイザーの退任劇でずいぶん動いたっちゅうか、奴がテレビで
ブレイザーに直接目の色替えて迫っとったんを見た事があるんや。
岡田をなぜ使わんのやっちゅうてね、確か新聞記者と八方やった。
その記者が、
「僕らはたとえ負けても良いから、岡田を見たいんですよ。岡田が出て負ければ
僕らは仕方ないと諦めるんですよ。それが判らない監督なんて、プロ野球の
監督じゃないって事ですよ?」っちゅうとった。
ブレイザーは
「貴方が何を言ってるかは通訳を介さないでも判る。岡田はまだ使えるレベルではない。
だからヒルトンを使った。勝利の為に何をするかが監督の仕事であって、君の仕事ではない」と
やり返したんや。したら八方が
「なん言うとんねん!岡田を使えとファンが言うとるんや。わしらの言うとる
事が判ったら、ファンが何言うとるか判っとるやろ!!」と食ってかかってな・・
ああ、これじゃあクビ斬られて正解やねえ思うたよ。
八方は可朝の弟子で、強面らしいやんか?まああれがトラキチの本性やろうねと
思うたんや。

ドイルは確かにブレイザーが連れてきたんや。
同じ二塁手で、スタミナが無くて移動の激しいメジャーじゃプレー出来んっちゅうて
日本に来たんや。
夏場に弱い選手で、梅雨時になると成績が落ち始めた。
もっとも、奥さんが偉い人で、ドイル夫妻の事を悪く言う人はおらんよ。
敬虔なクリスチャンやったかな・・そのせいもあって、分け隔て無く親切な
人やったそうや。
アメリカに帰って、山林で儲けてゴルフ場を造って・・・
かなり裕福な暮らしをワシントン州でしとるはずよ。
日本でプレーした選手としては、成功した部類ちゃうかね?
野球以外でな。

42 :南海命だった:2009/07/22(水) 23:42:27 ID:Fw393ffA
この事があって、安藤統男はんが監督になった訳やけど、同じ様な
手を使うて安藤はんもクビにしたんやな。
わしは、南海の事は多少判っても阪神の事は知らなんだ・・けど、不思議なんは
この頃何かっちゅうと八方が喚いて道上洋三が騒ぎよる。
安藤はんが辞める時も、無念の思いを遺したんやけど、その朝も道上は次の阪神を
背負う監督はっちゅうて、安藤はんを追い出した話なんぞどっか忘れとった様な
話やった。
道上のラジオ番組に選手が出て、どうもそこで要らん事吹き込まれとるでっちゅう
噂があって、ずいぶん球団は警戒しとったらしいね。
でも、球団の外で事が決まるのが阪神やから、球団関係者が何かにいろいろ気を巡らしても
選手は酒と女に誘われて新地に毎夜毎夜御出陣して、そこでタニマチから偉い
接待やがな・・
球団の悪口を平気で現役選手に言うんも、阪神OBの悪い処やったね。

43 :神様仏様名無し様:2009/07/23(木) 18:03:50 ID:WwvwkbFa
>>41
結局ブレイザーにはファンへのサービス精神ってのがはなっから欠落してたからな。
この点は彼の野球理論の強い影響を受けた野村や古葉にしても全く然りだった。
日本じゃ広島に来る迄ずっとパリーグにいて客なんか呼べずともチームが強けりゃ
自分の身は安泰だった事に高を括ってたんだろうな…。
なまじ阪神の監督なんか引き受け、加えてトラキチの怖さを恐らく全く理解なんか
してなかったであろう事も思いっきり災いしただろうからな。

53 :南海命だった:2009/07/24(金) 07:28:47 ID:dd/JFKqQ
わしが南海ホークスの処でも書いとるけど、関西の私鉄は経営上解同とどう付き合うか
これが大きな問題なんやな。
そして、阪神の記事で儲けとるんは、解同に近い新聞も一緒なんや。
エモやんの事でもそうやったけど、真っ先に騒いだんはそいつらやし、沿線に
ギャンブル抱えとる阪神にとってもギャンブル記事を扱うその新聞は無視出来ん。
南海は川勝はんが労担上がりの老獪さで何とか付き合うとったけど、阪神はいろいろ
ややこしい事情もあるし、おまけにOBが複雑やし、タニマチも複雑っちゅうか
何かあればネタにして抗争相手を追い落とす算段しとったんや。
今、またそれに近うなってるやんか・・
で、これらの新聞は岡田が入った事で部数が伸びる思うたんやな。
しかし、一向に使わんから部数が伸びない・・
当時(今もそうやと思うが)あの新聞はギャンブルの裏情報で内職する奴がおって
当然ノミ行為やけど、その良いカモが芸人やった。
そやから、騒げ言えば騒ぐで。
まして、八方の師匠は可朝やんか?賭博と女が何より好きや。
吉本系やったらボートのやっさんかておるわ。
そんな連中相手に、岡田使わんで言うたらこら野球なんかやらすかいな。
まして電鉄の偉いさんは手を汚さんからな、監督や選手を庇う事は絶対せえへん。
金田監督殴った権藤はんを守ろうとはせんかったやんか?
弱みの多い球団と、その弱み握る外野、そんな事は全く知らん外国人監督・・
ほんまに可哀想や。
ついでに言うと、娘はんが親日家言うんか、ちゃんと父親の事をフォローして
新聞でインタビュー受けとったね。
だいぶ経ってからやけどね。内容は忘れたけど、良え話やった印象があるんや。
ブレイザーもそうやけど、聡明な家系なんやろな。

61 :神様仏様名無し様:2009/07/26(日) 01:04:12 ID:2UhV3xy4
思い返せばノム・広岡・古葉に影響を与えたブレイザーって凄いな。
日本の野球を変えたメジャーリーガーと言っても過言ではないと思う。

阪神ではなくて、パリーグの監督なら能力を発揮できたかも…
優秀な日本人の参謀さえ置けば、成績残せた気がするんだけどなぁ。



62 :神様仏様名無し様:2009/07/26(日) 01:34:36 ID:2MxD2Bcr
>>61
上にも書いてた通り、彼にとっちゃ全く理解不能であったろうトラキチのキチガイぶりを
何ら認識しておかない儘一年目はなまじ大々的な選手補強が上手く行き、更になまじ岡田を
獲得出来たが故に二年目は彼のやり方にトラキチの非難の矛先が一斉に向いてしまったって
感じだったな。結局彼にとっちゃ巨人に次ぐ人気球団の監督を引き受けてしまったこと自体が
そもそもの間違いだったんだろうな。


69 :神様仏様名無し様:2009/07/28(火) 12:12:20 ID:qJF2KyX3
「川勝オーナーに“これからも毎年日本にきなさい”と言ってもらったときは大変嬉しかった。これまで長い間後指導頂いた野村監督、古葉監督、小津社長らに深く感謝したい」
うっすら涙を浮かべながら辞任発表したブレイザー監督(82・10・12南海本社)

70 :神様仏様名無し様:2009/07/28(火) 13:06:48 ID:74rk+eFW
現役選手時代を語れる人間がいない件

71 :南海命だった:2009/07/30(木) 09:17:25 ID:IkDBJVbf
わしは色々見とるけど、とにかくゴロで野手の間を抜くことに徹底した打撃やったよ。
センター返しが多かった印象があるし、不意を突くバントの巧さは日本の野球変えたと
言うてええやろね。
彼は一番を打つことが多かったんやけど、相手の初球を叩いてゴロのヒットにしたり
野手の動きを見てバントしたり、構えを小さくして投げにくくさせて甘い球を叩く
って事に徹底しとった。
彼の守備はとにかく基本に忠実にやったね・・そやから、彼がもしも高校生指導したら
今の子やったらつまらん言うて辞めてしまうやろ。
でも、基本に忠実にっちゅう彼の考えはわしは正しい思うんや。

まだ背番号が53の頃の柏原に徹底指導して、腰高を直しとったんはずいぶん見た。
柏原は投手から外野手やったから、腰を落とす事はあまり出来んかったし、体も
硬かったそうで、苦労したらしいんや。
でもその甲斐あってあそこまで行けたんやからね。
ブレイザーは選手の頃は日本語を喋ったっちゅうのも聞いた。
日本語を使わん様になったんはコーチになってからや。

80 :神様仏様名無し様:2009/08/02(日) 12:17:57 ID:YLsNwGsi
岡田の本で読んだ話だが、「別に君を認めてなかったわけじゃない。新人だからプレッシャーのかからない場面で使いたかったんだ」とブレイザーに引退後言われたらしい。

81 :神様仏様名無し様:2009/08/02(日) 12:26:19 ID:HqpVobcG
まあ岡田とブレイザーが不仲だったわけじゃないからな。
八方の話で思い出したが、
王シュレット事件で星野が
「オレがそんな事をされたら取材禁止やと」口にした段階で
阪神と吉本の間に微妙な距離が出来た気がするな。
吉本がオリックスに接近したのもそのせいかと思った。
(余談だが吉本と阪神電鉄は創業時の巨人の株主だったらしい)
少なくとも当事者のナベアツ・山口・宮迫と
阪神・ソフトバンクの関係者との絡みはオフの番組でも見た事がない。

82 :神様仏様名無し様:2009/08/02(日) 12:33:48 ID:Di23hYvh
岡田は大学までサードだった
サードは大雑把に言うと捕って送球できればいい
セカンドはそれ以外のものも要求される
いきなり素人がエラーしまくれば打撃にも影響すると踏んだんでは?

84 :南海命だった:2009/08/02(日) 13:03:23 ID:kccfTgqQ
未だに解明されとらん闇が一個あるんやね。
それは、間寛平・月亭可朝・結城哲也らが絡んどった野球賭博や。
この三人が摘発されたんが1980年で、その前の年にWヤングの中田軍治が
自殺して、それをきっかけの摘発やったんや。
その時、かなりびびったっちゅうか、これであるところが綺麗になるんちゃうかっちゅう
予測があったし期待もした。
しかし、不思議な事に野球界側に何も起きなんだ・・
阪神の場合、この事件の頃後藤の熊さんが監督で、あの人の人柄やとそうそう
極道とは繋がりはないやろな思われとった・・しかし、選手はわからん。
実際の野球賭博っちゅんは、勝ち負けだけやないんやね。
両チームの先発投手なんかかなり大事な賭どころなんや。
そやから、阪神の場合それが漏れとるでっちゅう噂は多かったし、実際監督は
新地のクラブにおるでっちゅう噂は常にあったんや。
今でも神田川の店は新地の真ん中ら辺にあるが、あこかてかなり噂はあったんやな。
おもろいんは、阪神と南海では金回りが全然ちゃうんや。
南海のレギュラーと阪神の二軍と、どっちが女にもてて酒飲んどるか言うたら
圧倒的に阪神やな。
その酒の席に、不思議と芸人がおったっちゅうのはずいぶん話はあったんや。
南海の選手は、井上祐二に代表される様に田舎の高校生がそのままプロになったで
ちゅう感じが多かったし、まあ中百舌鳥から新地まで遊びにもよう行かれんわ。
ミナミはどっちか言うたら食い気の方やし、極道と直でくっついとる女も多かったよって
球団も目を光らせとったんや。
しかし、阪神の場合タニマチがようけおるし、だいたい先輩がタニマチを紹介しよる。

85 :南海命だった:2009/08/02(日) 13:24:34 ID:kccfTgqQ
小津はんが社長を引き受ける際に、OBとの癒着を切ってくれ言う
話を田中オーナーやったか?しとるんやな。
それもあってブレイザーにしたっちゅうのが真相やろね。
しかし、それは当時のOB連を怒らせたなんてもんやないんや。
一番怒らせたんは、田宮謙次郎はんやろね。
阪神監督に野村はんが就任するんに異議を唱えたんも田宮はんやし、当然
ブレイザーにも異議を唱えとるよ。
田宮閥は言う事が同じやからすぐ判るんや。
例えば川藤がそうやね。
監督の場合エモやんも書いとるけど、監督だけの交際費がある。
これがバカんならん。
それこそ、表の給料と裏の給料があるっちゅうくらいなもんで、後藤の
熊さんが辞めて当然OBは気をもんだんや。
それこそ、幻の組閣名簿が新地で飛び交ったんや。
そう言うんを小津はんは聞いとって、ブレイザーにして柵を断ち切ろうとしたんやな。
もともとは西本はんの招聘を考えとったらしいけど、西本はんは来る訳ないわ。
一時こう言う内紛劇が影を潜めとったけど、またぞろ前に帰りつつあるね。
真弓監督が一年限りとか、星野はんが戻るとか・・歴史は繰り返すんかね?

86 :神様仏様名無し様:2009/08/03(月) 00:10:03 ID:kw0aFx9V
正直俺にも分からん事が多いから、あまり迂闊な事は言えないが

巨人のV9期間、関西の胴元は随分儲かったらしいね。
反面阪急シリーズ3連覇の期間関西の胴元は大損していたとか。
後、これはブレイザーには一切関係ない話だが巨人の監督が藤田さんだった時に
中日が最後の最後で優勝したシーズンがあったろ?あの時も関西の胴元は随分な
損害を被ったらしいな。
又、概して胴元が大損した直後辺りから893の抗争が激化する事が多いんだわ。
これは九州での話だが佐賀北が広陵を破って優勝した年あったろ?
案の定、佐賀で入院患者が人違いで射殺された事件が起きたりと抗争が始まる
寸前という感じにまでなったもんなぁ。
この時は福岡県警等がすかさず動き出したらしく抗争までは発展しなかった様
だが。

90 :神様仏様名無し様:2009/08/05(水) 01:57:07 ID:XDjFsDSn
山下投手たちとのトレードの裏話、ご存じだったら教えてください。

ブレーザーはよい投手を獲得したようなコメントをしていましたが
自分には基地外沙汰のトレードに思われました。


93 :南海命だった:2009/08/15(土) 14:13:22 ID:Ekw5FW7r
>>90
わしが聞いとったんじゃ、片平も黒田も野村直系なんやね。
しかも、片平は一言多いタイプで、フロントも嫌っとったちゅう話や、
あの頃の記者はいい加減な記事書くよって、ほんまにそう言うたかは保証無いで。
黒田出してもうたから、南海は西武にこっぴどくやられとるよ。
この頃の南海は、とにかくストレートに弱くてやね、力のあるストレート投げられたら
バットの回ることよ。


100 :南海命だった:2009/08/19(水) 21:26:42 ID:ucBbaQRG
鶴岡はんが阪神を問題視して、それ以来南海勢は阪神をかなり色眼鏡で見とったんや。
ブレイザーは・・ちゅうか、在阪の外人選手は球団を超えて一つの集まりを作っとって
その集まりを良く六甲やったかの焼き肉屋でやっとった。
外人選手っちゅうんは、アメリカいた当時の序列がそのまま席順になる厳格な階級社会で
その意味でブレイザーは外人選手の中じゃ常に頂点にいたと言えるんや。
で、彼自身ごつい自信家やから阪神を改革したるんやっちゅう気持ちと、あと金に惹かれて
行ったんやろ。
ただ、阪神ちゅうんは二軍に魔物がおるで言う事を南海の連中はようけ知っとって
阪神の選手を取る時は相当身辺調査をしとった。
二軍で一軍に全く出た事のない選手がゴルフ大会や麻雀大会で優勝して、いったい
日頃何やっとるんやと言うのが阪神なんやな。
それと、虐めの多いのも特徴で、全ての理由は合宿所で王様暮らししとる奴がおるで
ちゅう事が原因や。
今岡もそうなってしもうたが、不平不満を北の新地でぼやけばそうやねえ今岡君、それじゃ
話を聞いたろかいちゅうて酒が飲めるのは阪神だけなんや。
そう言う空気までは読めんかったんやろな・・
何せ、センタープール目と鼻の先で、夕刊何とかの記者がネタ持ち込んできては
そのバーターで在る事無い事情報を拾っていきよる。
かなわん球団やなあ。

101 :神様仏様名無し様:2009/08/20(木) 03:06:19 ID:msx3k4CW
南海命詳しすぎw
つうかその一連の話がホントなら阪神のタニマチはホントに癌だな
そしてそれを黙らせた星野はマジで凄い…
あの腐り切った今岡を覚醒させたわけだし

102 :神様仏様名無し様:2009/08/20(木) 05:07:48 ID:zOMzQ2Ly
まぁ星野も阪神監督としては2年しか持たなかったけどなw
何せ優勝が近づくにつれてドンドン具合が悪くなってきているんだから。
俺現在東京に住んでいるんだけど、その頃何人かに
「アレなぁ、つまりは優勝したら関西から逃亡、優勝を逃したら日本から逃亡というので具合が
悪くなっているんだよ。」
と説明したらゲラゲラ笑っていたよ。
それ位阪神というか大阪って伏魔殿そのものなんだわ...........
只俺からすれば東京が張りぼてみたいな地域なだけと半ば馬鹿にしている訳だけどw

何はともあれ星野も監督業を退いたんだから裏方に徹して余計な欲を出さなければ良かったんだが
なあ...........、つい欲が出てしまったのは監督業に未練があったのと現役時代エースと呼ばれた男の
性みたいなもんかねえ。


103 :南海命だった:2009/08/20(木) 09:03:56 ID:xpACkedg
あまり書きたないんやけど、星野はんの場合は金やろねえ。
極貧育ちで、金がありゃっちゅう気持ちでここまで来とるんやからね。
野村はんが失敗した理由は幾つかあるけど、最大の理由は彼自身のタニマチが
関西におらんかった事やな。
星野はんは、くっついとれば金のおこぼれに預かれる。
そやから、マスコミでも悪口書く奴はおらん。
おればそれは同業者から叩かれるんやな。
しかし、野村はんはそれがおらんのや・・そやから、叩かれ出したらそのままや。
それと、阪神ちゅうチームはアホな負け方してもファンが納得すればそれで良えっちゅう
ありがたい球団で、そのアホな負け方はクリーンアップが全打席三振とかな、そんなんや。
そいでビール飲んで、アホの新井死にさらせ言うて、わしなら打線をこういじるで
ちゅうて話の種に出来たらそれで良えんや。
ブレイザーはそれを理解出来んかったんや。
彼も野村はんも、福本との闘いに明け暮れとったから、如何にノーヒットで
一点取るか、二死から点取るかちゅうのが野球やったんやね。
しかし阪神は違うんや。
亀の様な五番がおって、二死から普通の選手なら二塁打になるの打っても、亀やから
シングルヒットでも良えんや。
しゃあないやんけ・・なんせ遠井の吾郎ちゃんやで言えばそれで気が済むんやな。
それが阪神ファンなんや。

104 :神様仏様名無し様:2009/08/20(木) 13:32:32 ID:msx3k4CW
>>102
当時は18年間も優勝に遠ざかっている中、2位に20ゲームもの大差を付け
7月に超異例の早さでマジックが点灯したからな
誰がどう見ても優勝間違い状況だからこそ星野のプレッシャーは逆に半端なかったんだろう
なんてったって92年のトラウマを初め毎回夏以降に急失速するチームだからな
おまけに高血圧と不整脈を持ってたからなおさらだったんだろう

>>103
さすがに阪神にはあまり詳しくないようだなw
野村が叩かれて星野が叩かれなかった理由は単純に成績だよ
あと外様を嫌うのを知ってた星野は就任と同時に
記者に阪神を強くする方法を頭を下げて聞いている
毎朝茶話会を開いてたしな

星野が五輪監督に就任したのは金の魅力もあったかもしれないがやはり名誉だろう
野球人ならいくら薄給でも誰だって断らないだろ
なりたくてもなれないんだから

121 :神様仏様名無し様:2009/08/27(木) 20:26:04 ID:JpA7KS3H
何の本だったか忘れたが、村山実がブレイザーの就任について
「チーム愛という点から考えると、これは反対である。事実、ブレイザーはシーズン途中に帰国している」と
ブレイザーを含む外国人監督の就任に否定的な論評をしていたのが載っていた。

122 :神様仏様名無し様:2009/08/27(木) 20:27:43 ID:rYA1P5oi
今なら歓迎されそうだけど、当時はどんな空気だったのかな?

123 :神様仏様名無し様:2009/08/27(木) 20:46:44 ID:nlI3vm1X
田宮謙次郎がスポーツ紙で外人監督や外様監督はアカンと書いてた様な気がする
でもこれは阪神OB会の感想かな…

与那嶺という成功例もあったし、あんまり否定的じゃなかったような気がします

128 :南海命だった:2009/09/16(水) 09:58:44 ID:ObpNk5jY
何せ、阪神ちゅう球団は常に内職でもめるんや。
仙ちゃんかて一緒やで。
そやから、要らん事書かれるし、書いて金儲ける奴が出て来よる。
池田が転けて勝ち試合落とした時かてそら大変やったんや。
どの球場にも魔物はおるやろが、甲子園は別格や。
金っちゅう悪魔と、ブンヤっちゅう生き霊がおるんやからな。

130 :神様仏様名無し様:2009/09/20(日) 17:49:06 ID:c4q1oSNc
元阪神のマネージャーだった奥井成一も、
ベースボールマガジンや週刊ベースボールで、
田宮謙次郎監督就任予定(経営していた会社の後任社長まで決めていた)が崩れた事にも触れ、
ブレイザーについては「大リーグ野球をそのまま当てはめて失敗した」と論じ
田淵放出やヒルトンの起用を暗に批判する文章を書いていたな。
松木謙治郎も「大阪タイガース球団史」で精細がなかったヒルトンの起用に疑問を呈していた。

133 :神様仏様名無し様:2009/12/07(月) 11:22:41 ID:DbeWpSRz
ブレイザーと小津球団社長の関係が本格的におかしくなったのは80年の春キャンプから。
79年もファン受けしないオーソドックスな采配に小津社長を含めた役員連中から
異を唱える者が出てきてそれなりにマズい関係だったが決定的なのは助っ人獲得問題。
ただ阪神としては初めてビデオを利用しての研究、分析が行われた時で
厳しさを植え付ける反面ガッツプレーを褒めて阪神が変わりつつあっただけに最低80年一杯はやってほしかったな。
確かブレイザー辞任時も5連勝して貯金生活に入っていた時だったと思う。

135 :神様仏様名無し様:2009/12/22(火) 23:23:49 ID:c7gcnGt3
ブレイザーは極端にフロントの現場介入を嫌う監督で辞任に至ったのも助っ人のからみ、80年春キャンプヒルトン採用から。
球団がスタントンに代わる外野手を物色してきたにもかかわらず、内野手のヒルトンを推し獲得した事から小津社長とブレイザーの亀裂が本格化。
そこで4月には“岡田問題”小津社長からブレイザーの「岡田を使え」の命令が下り亀裂は完全にひび割れた。
最後は球団の「ヒルトン解雇、新外人獲得」を現場に相談なく進めた事にブレイザーが「私との契約内容と違う」と辞任。

言葉の壁の難しさを痛感した1年強だったといえる。

141 :神様仏様名無し様:2010/07/24(土) 16:26:39 ID:+6CNpfS9
よくわからんのだが
当時の岡田は二塁手として期待されていてヒルトンもヤクルト時代
二塁手だから阪神でも二塁手だと勘違いされて
だからヒルトンは岡田の邪魔をしたとの論調だけどさ
阪神時代のヒルトンは一塁手だぜw
つまり岡田の邪魔をしてたのは、中村勝広や加藤博一、榊原
このあたりだってヒルトンは完全にとばっちりともいえる

142 :神様仏様名無し様:2010/07/24(土) 16:38:40 ID:+6CNpfS9
ネットでも常識のようにヒルトンが二塁守って岡田の邪魔をしたことになってるけど
ヒルトンは阪神じゃ一塁でしか出場してないんだよw


143 :神様仏様名無し様:2010/07/25(日) 01:51:25 ID:iv26BtnG
4/22からブレイザーは小津社長の命令により岡田を三塁で七番or八番の先発起用を始めている。ちょうどその頃掛布雅之の左膝故障による戦線離脱があった。
それはともかくヒルトンは解雇まで全て一塁手の起用にかかわらずなぜ夫人やブレイザーも含めたファンの中傷に遭ったのか。
思うにそれはキャンプ中ブレイザーの進言により岡田と同ポジションの選手を獲得したという背景を引きずっていたからではないだろうか。

掛布がいる三塁は空いていないために二塁or外野で競争させてヒルトンは一塁と考えたブレイザーと
二塁で使うはずの岡田と同じ守備位置のヒルトンをなぜ獲る?と頭ごなしに不満を抱いたファンとフロントとの思いの差。
それを小津社長やファンは「ヒルトンが邪魔をした」と結論付けてしまった。もし誰が邪魔をした?と強引に結びつけるとしたら
元々最初から岡田を先発で使わずじっくり育てる構想を持ったブレイザー一人であるはずだ。
ブレイザーにとって響いたのは掛布負傷後の2試合も信念を曲げず三塁を佐野で臨んだ事と(その後小津社長の強権発動)
岡田がゴールデンルーキーであった事だと思う。ブレイザーは厳しさを持ち、ガッツプレーを賞賛する精神的な部分の反面
球団初のビデオ導入や考える野球の浸透で前年の79年にはまずまず成果を挙げていただけにもう少し球団とブレイザーの間で
戦力補強や、戦術構想といったビジョンについて話し合う事が出来なかったのかと悔やまれる。

144 :神様仏様名無し様:2010/07/25(日) 11:45:02 ID:RVnrI/qk
本でもセカンドヒルトンが邪魔をしたってのがほとんどだよな
オレもすっかりと信じてた
ヒルトンセカンドのイメージしかないから

148 :神様仏様名無し様:2011/10/27(木) 14:24:22.44 ID:pHOknIj7
「失われた情熱」

一般企業でも社長や直属の上司が放任型から180度違う管理型の理論派に取って代われば社員は大なり小なり戸惑いを覚える。
プロ野球の世界でもこのような監督交代を見ることがある。80年オフ広瀬叔功の後任監督にブレイザーが就任した時の南海がそうだった。
しかも南海の場合、広瀬の前が、“考える野球”の野村克也で8年間、その後3年間の放任を経てもう一度“シンキング”しようとなったのだ。
選手にとってさらに大変だったのは、監督・ブレイザーに加えウォーリーこと与那嶺要がヘッド兼打撃、そしてシュルツが投手コーチだった事だろう。
しかもフロントからブレイザーに阪神時代と同じ轍を踏まないようにと考えたのか通訳をなるべく介さないようにと指示が下りていたために
余計に説明や理解に時間を要した。考えることを忘れていた選手は困惑し、いつしか首脳陣との間に溝が生じていった。

1年目の81年は打線で門田博光の本塁打王、三割打者も4人を生みながらも防御率・失点・失策数でリーグ最下位。山内トリオの頑張りも虚しく
前期5位・後期6位の通算5位と優勝争いに絡めず終わった。
翌82年は山内トリオが3人とも2ケタ勝利、合計でも前年の26勝から34勝へと成績アップ。抑えの金城基泰も21セーブと健闘したが
反対に打線が振るわず。主砲門田の故障にジム・タイロンの不振で長打力の乏しかった打線。チーム打率で優勝した西武を2厘上回りながら、
得点は西武より77点少なかった。ブレイザーが「50打点以上叩き出した打者がチームにいますか」と嘆いたようにチーム最多打点はタイロンと
定岡智秋の48。結局、前年同様前期5位・後期6位。通算で2年ぶりの最下位に沈んだ。
2年間チームが上手くいっていなかったのか機動力駆使などブレイザーの采配にも段々漲るようなものが薄らいでいった。
さらには阪神時代同様、ブレイザー主導で連れて来たタイロンにジーン・ダットサンの誤算やそれで割を食った高英傑ら台湾勢との
助っ人問題も内紛に拍車をかけた。南海本社では前任の広瀬時代から「球団にお金を回す前に線路の修理にお金を回せ」と声が出ていたほど。
名門だった頃の面影などすっかり消えていた。

「暗い」「陰湿」と言われ続けたブレイザーは痛風と心臓病を理由に1年の契約を残して辞任。67年から16年間携わった日本球界に別れを告げた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hasyagu

Author:hasyagu


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR